事業継続計画書(BCP)について

株式会社メディアリンクは、 内閣官房国土強靭化推進室委託事業「すそ野の広いBCP策定モデル事業者」に選定され、事業継続計画書の策定を行いました。

事業を取り巻く環境と事業継続の必要性

経営者からのメッセージ

株式会社メディアリンク(以下、当社という)は、ICT(Information Communication Technology)、IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence)を高度に活かした「教育訓練」「映像音声情報伝達」サービスを日本国内のみならず、広く世界に提供している。

当社にとり、これらサービスを安定的に提供し続けることは、自らの社会的責任と認識している。

そのために当社は、発生が懸念されている大規模災害や、世界的に広がる情報セキュリティに対する脅威といった危機事象発生時においても、社員および地域の安全を確保し、サービスの安定提供という社会的責任を果たせるよう、事業の迅速な復旧・再開を図れる組織対応力を確保するため、事業継続計画(BCP)を策定し全社的な継続的改善活動を行うこととします。

2017年1月21日
代表取締役 久保田了司

事業継続に向けた取組みの目標と基本方針

1.事業継続に向けた活動の目標

自社における活動の目標

大規模地震などの不測の事態発生時においても、社員の安全を守り、お客様が求める高品質な「教育訓練」「映像音声情報伝達」等の各種サービスの安定供給、および迅速な事業再開・復旧を可能とする能力の獲得及び継続的な強化を目標とする。

2.取り組み実施の基本方針

自社における取組の基本方針

  • 人命第一を旨として、社員と社員の家族の安全と生活を最優先とする。
  • 地域社会の安全に貢献する。
  • お客様への影響を極力少なくするために、サービス提供を継続、またはできる限り早期に再開する。
  • 定期的に教育・訓練を繰り返すことにより、取組の課題を明らかにし迅速な行動能力の継続的強化につとめる。